【映画レビュー】バグダッド・カフェ(1987年・108分)★4

Date
2019/05/16
Update
2022/8/13 3:50
Tag
アート
映画★4
音楽

作品情報

タイトル:バグダッド・カフェ
公開年:198年
上映時間:108分
監督:パーシー・アドロン
あらすじ:
アメリカ西部の砂漠にあるモーテル「バグダッド・カフェ」に、ドイツから旅行に来たジャスミンがやってくる。最初はジャスミンを敬遠していた女主人のブレンダも徐々にジャスミンと親交を深め、2人で店を盛り上げていくが… (Filmarksより)

感想・評価

砂漠の真ん中で夫と喧嘩別れした女がカフェ兼モーテルのバグダッド・カフェを営む一家やその常連たちと仲良くなってく話。
何となく邦画っぽい雰囲気のある洋画だった。
日常系?人間ドラマ。(設定や舞台は全然日常じゃないけど)
僕が大好きな、非日常感とか、緊迫感とか、ずっしり残る余韻とか、そういう要素は全く無かったから記憶には残らなそう。
テーマ曲が印象的。
♪BAGDAD CAFE - I’m Calling You

採点

★4:微妙だし記憶に残らなそう

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。