【映画レビュー】明日に向って撃て!(1969年・112分)★10

Date
2019/02/10
Update
2022/8/12 5:47
Tag
アート
映画★10
音楽

作品情報

タイトル:明日に向って撃て!
公開年:1969年
上映時間:112分
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
あらすじ:
実在した2人のアウトローをモデルに、彼らの自由奔放な生きざまをユーモラスかつシニカルに描いた青春西部劇の傑作。 19世紀末のアメリカ西部。列車強盗で大金を手にしたブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは、新たな夢を追い求めて南米ボリビアへと向かう。 彼らはここでも銀行強盗を繰り返し、逃避行を続けるが……。 (Filmarksより)

感想・評価

強盗を繰り返すチンピラ二人組の話。
スカした友情、愛情が美しく、胸が熱くなる。
スティング」のような万人にオススメできる映画という訳ではないのだが、ほんとうに大好きで、何度も何度も繰り返し観ている作品。
これも午前十時の映画祭のおかげで出会った一作。
ボリビアで強盗をくりかえすシーンでながれている曲が、すごく印象にのこってる。
暗い曲ではないのに、救われない未来へとひたすら歩んでいっているような、悲しい美しさのある曲。
音楽の趣味があう人にも理解してもらえなさそうな、絶妙な感覚。
でもほんとうに大切な曲で、ずっとApple Musicの特別なプレイリストに入れている。
South American Getaway (Butch Cassidy/Soundtrack Version)
古い映画なので、各種動画配信サービスでの取り扱いはなし。。
AmazonやU-NEXTでレンタルなら観られるので、熱い友情の物語が好きな人は必見!

採点

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。

視聴リンク

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。