【映画レビュー】ドリームガールズ(2006年・130分)★5

Date
2019/05/26
Update
2022/8/13 3:49
Tag
アート
映画★5

作品情報

タイトル:ドリームガールズ
公開年:2006年
上映時間:130分
監督:ビル・コンドン
あらすじ:
アカデミー賞最優秀助演女優賞など数々の賞を獲得した作品。音楽での成功を夢見てエフィー、ローレル、ディーナはグループを結成。次第に人気が出るが……。サクセスストーリーとその裏にある人間ドラマを巧みに描いた映画。 (Filmarksより)

感想・評価

60年代のデトロイトからスター街道を駆け上がったシンガートリオを描いた話。
ひたすら音楽を楽しむ130分。
「And I am telling you I’m not going」がめっちゃ良い。
♪Jennifer Hudson - And I Am Telling You I’m Not Going

採点

★5:可もなく不可もなし

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。