【映画レビュー】イレイザーヘッド(1976年・89分)★3

Date
2020/01/27
Update
2022/8/13 3:45
Tag
アート
映画★3

作品情報

タイトル:イレイザーヘッド
公開年:1976年
上映時間:89分
監督:デヴィッド・リンチ
あらすじ:
消しゴムのような髪形から「イレイザーヘッド」と呼ばれるヘンリーは、恋人から肢体が不自由な赤ん坊を産んだことを告白され、恋人との結婚を決意する。ところが彼女はおぞましい形相の赤ん坊に耐え切れずにやがて家を出てしまい、残されたヘンリーは1人で赤ん坊を育てることになるが… (映画.comより)

感想・評価

ディスクリプション不可能。
比喩でもなんでもなく、ただの悪夢だった。
意味不明で脈絡のないストーリーもさることながら、「うわ、嫌だ…」って感じるような音や映像が絶妙にループされる感じ、その質感がまぎれもなく悪夢そのもの。
要約することも考察することもままならないが、ひとつ間違いなく言えることは、憂鬱な月曜日の通勤時間のお供に何故かこの映画をチョイスしてしまった僕は、この世で最も愚かな人間の一人であるということだ。

採点

★3:つまらない上に不満

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。