【映画レビュー】アイ・オリジンズ(2014年・106分)★7

Date
2019/09/11
Update
2022/8/12 7:01
Tag
アート
映画★7
音楽
サイケ

作品情報

タイトル:アイ・オリジンズ
公開年:2014年
上映時間:106分
監督:マイク・ケイヒル
あらすじ:
大学院で人間の瞳について研究している青年イアンは、仮装パーティで出会った女性ソフィに惹かれ、写真に写った仮面の奥の瞳だけを手がかりに彼女を探し出す。2人は恋に落ち結婚を決めるが、ある悲劇が彼らを襲う。数年後、研究者として成功を収めたイアンは、同僚の女性カレンから瞳に関する衝撃的な事実を告げられる。 (映画.comより)

感想・評価

もし、RadioheadのMotion Picture Soundtrackという曲に覚えがあり、かつこの映画については何も知らない、という人が居るなら…
まず始めに、この映画はあなたのために作られている映画だ。
生物の瞳について研究する博士課程の男と、スピリチュアルな魅力に包まれた女が出会い、恋に落ち、ある転機が訪れる話。
やや大風呂敷を広げる印象はありつつも、観終わった後の満足感に包まれる綺麗な起承転結の構成だった。(エンドロール後の一幕は蛇足感が否めないが)
SF・スピリチュアル・映画としての見事さ、見ごたえのある要素3拍子が全て揃っていた作品。
こういう映画をもっと観たい。
♪Radiohead - Motion Picture Soundtrack

採点

★7:好き。場が映画の話なら話題にする

視聴リンク

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。