【映画レビュー】この世界の片隅に(2016年・126分)★6

Date
2018/05/20
Update
2022/8/13 4:06
Tag
アート
映画★6

作品情報

タイトル:この世界の片隅に
公開年:2016年
上映時間:126分
監督:片渕須直
あらすじ:
どこにでもある毎日のくらし。昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。 (Filmarksより)

感想・評価

必要以上の痛ましさやお涙頂戴が無い戦争ものって、すごく良い。
玉音放送を聞き終わったケイコの軽々しい反応がとても印象的だった。

採点

★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。