【映画レビュー】レジェンド 狂気の美学(2015年・131分)★6

Date
2019/05/14
Update
2022/5/4 11:18
Tag
アート
映画★6
音楽

作品情報

タイトル:レジェンド 狂気の美学
公開年:2016年
上映時間:131分
監督:ブライアン・ヘルゲランド
あらすじ:
1960年代初頭のロンドン。貧しい家庭で生まれ育ったレジーとロニーのクレイ兄弟は、手段を選ばないやり方で裏社会をのしあがり、アメリカのマフィアとの結託や有力者たちとの交流を深めることでイギリス社会に絶大な影響力を及ぼしていく。そんな中、部下の妹フランシスと結婚したレジーは彼女のために足を洗うことを決意し、ナイトクラブの経営に力を注ぐようになるが… (映画.comより)

感想・評価

60年代のロンドンに実在した一卵性双生児のギャング「クレイ兄弟」の話。
脚本はいたってフラットで何ともいえない感じで終わるが、主人公の一人二役のキャラクターがとても魅力的で惹き込まれる。
ギャングの栄枯盛衰系の物語が無条件に好きな自分としてはかなり良かったが、他人に勧められるほどではないかな…ということでこの点数。
メインテーマの「Legend」という曲が素晴らしく良い。
♪Legend Main Theme Soundtrack OST By Carter Burwell Official

採点

★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。