【映画レビュー】夜に生きる(2015年・129分)★4

Date
2018/09/16
Update
2022/8/13 4:06
Tag
アート
映画★4

作品情報

タイトル:夜に生きる
公開年:2015年
上映時間:129分
監督:ベン・アフレック
あらすじ:
舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に厳格な家庭に育ったジョーは、警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。 (Filmarksより)

感想・評価

ゴッドファーザーを筆頭にマフィアものが大好きなマスフォーは、劇場ポスターだけで「なにこれ、絶対好きな奴だ」と大期待していたが…
イマイチだった。
思ったより男女要素がメインな感じだった。

採点

★4:微妙だし記憶に残らなそう

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。