【映画レビュー】Mr &Mrs スミス(2005年・118分)★6

Date
2019/03/03
Update
2022/8/13 3:53
Tag
アート
映画★6

作品情報

タイトル:Mr.&Mrs. スミス
公開年:2005年
上映時間:118分
監督:ダグ・リーマン
あらすじ:
運命的な出逢いののち、電撃結婚をして“Mr. & Mrs. スミス”となったジョンとジェーン。しかし、お互いに重大な秘密を明かしていなかった。2人の正体は、別々の組織に所属する凄腕の暗殺者。お互い相手に正体を知られないように結婚生活を送っていたが、ある日ミッション先でバッタリでくわしてしまう。正体がバレたら、愛する相手でも48時間以内に始末しなければならないのが、この世界のルール。2人は一瞬にして暗殺者モードに突入し、巨大組織を巻き込んだ想像を絶する戦闘へとエスカレート! (Filmarksより)

感想・評価

互いの素性を知らずに夫婦になった超一流殺し屋の男女が事実に気づき、激しすぎる夫婦喧嘩を繰り広げる話。
ヤマ場のテンションがどんどん更新されて最後まで右肩上がりで楽しめる。

採点

★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。