【映画レビュー】ボディガード(1992年・135分)★4

Date
2019/10/14
Update
2022/8/13 3:59
Tag
アート
映画★4

作品情報

タイトル:ボディガード
公開年:1992年
上映時間:135分
監督:ミック・ジャクソン
あらすじ:
愛のためにできること、それは命をかけて守ること。世界でも有数のボディガードであるフランクは、ある時、歌手であり女優でもあるスーパースター、レイチェルの護衛を依頼されるが・・・。 (Filmarksより)

感想・評価

線は細いが凄腕で仕事へのプライドが高いボディガードが、クライアントの歌姫と禁断の恋に落ちる話。
アクションに寄りすぎず、ねっとりもし過ぎず、ムーディーで良いドラマだった。
言語化して考え込むよりも、ただ感じて余韻を味える映画だったと思う。
それは素晴らしい事でもあるし、やや印象が薄いということでもあるのかもしれない。

採点

★4:微妙だし記憶に残らなそう

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。