【映画レビュー】ダークナイト(2008年・152分)★6

Date
2017/12/14
Update
2022/8/13 4:07
Tag
アート
映画★6

作品情報

タイトル:ダークナイト
公開年:2008年
上映時間:152分
監督:クリストファー・ノーラン
あらすじ:
ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカーと名乗り、不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった…。 (Filmarksより)

感想・評価

正直、世評ほどの衝撃は受けなかった。
あまりにも評判が良いので、めちゃめちゃ味わい深い哲学が秘められているのかと勝手に期待していたけど、奥深さはそこまで?
変な期待をし過ぎたというのに尽きる。
アメコミ・ヒーロー物としては100点。ジョーカー本当にたまらない…

採点

★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。