【映画レビュー】ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年・100分)★5

Date
2018/03/24
Update
2022/8/13 4:07
Tag
アート
映画★5

作品情報

タイトル:ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
公開年:2009年
上映時間:100分
監督:トッド・フィリップス
あらすじ:
人生最高の夜を楽しんだはずの男たち。待っていたのは史上最悪の二日酔い!? (Filmarksより)

感想・評価

キマって爆笑しながら悪戯してる悪友同士の描写が本当に最高。
普段コメディ観ないけどたまにはいいなと思った。

採点

★5:可もなく不可もなし

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。