【映画レビュー】マイ・インターン(2015年・121分)★7

Date
2019/05/29
Update
2022/8/13 4:01
Tag
アート
映画★7

作品情報

タイトル:マイ・インターン
公開年:2015年
上映時間:121分
監督:ナンシー・マイヤーズ
あらすじ:
ジュールス(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。 仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが…彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにやってきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン。 人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールスには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。 (Filmarksより)

感想・評価

仕事も引退し妻にも先立たれた70歳のおじいちゃんが、人生への刺激を求めてバリバリ若手女性社長が経営するアパレルECベンチャーのインターンシップに参加する話。
設定が魅力的で、心温まるドラマ。全く畑違いだが、「フルハウス」を観ているかのような安心感があった。
面白いし感動するし、万人が良いと思えるであろう間違いない作品。
インターンおじいちゃん役のロバートデニーロが、「かつてバリバリ働いてたことが感じられるスマートな老紳士」役に完璧にハマっていて最高。
直前に観た「ヴィデオドローム」で不安定になった精神が一気に安定した。

採点

★7:好き。場が映画の話なら話題にする

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。