【映画レビュー】リトル・マーメイド(1989年・84分)★6

Date
2019/08/08
Update
2022/8/13 3:38
Tag
アート
映画★6

作品情報

タイトル:リトル・マーメイド
公開年:1989年
上映時間:84分
監督:ロン・クレメンツ/ジョン・マスカー
あらすじ:
純粋でいつも好奇心いっぱいのマーメイド、アリエルは、仲良しのフランダーやカニのセバスチャンたち愉快な仲間と一緒に海の王国に暮らすお姫さま。陸の世界に憧れるアリエルは、人間の王子エリックと出会い、恋に落ちます。アリエルは一途な恋を叶えるために、海の魔女アースラとの魔法の約束を果たさなければならず…。 (Filmarksより)

感想・評価

美貌と美声をもつ人魚の末っ子娘が、人間の王子に恋をしたりタコの魔女に声を奪われたりする話。
たぶん、初見のはず…
Under the Sea、勝手にテンションの高いハッピーな歌だと思ってたが、まさか人間界に行きたがる人魚を執事が必死に引き留める歌だったとは。
アニメーションに時代は感じつつも、それでも僕が生まれる前の映画なんだなあ、とつくづくディズニーの力を感じる。
セバスチャンがキュート。

採点

★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)

視聴リンク

 

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。