【映画レビュー】オデッセイ(2015年・142分)★6

Date
2019/05/26
Update
2022/5/4 11:38
Tag
アート
映画★6

作品情報

タイトル:オデッセイ
公開年:2015年
上映時間:142分
監督:リドリー・スコット
あらすじ:
地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 その男は、<希望>を捨てなかった。 (Filmarksより)

感想・評価

トラブルにより火星に1人取り残された宇宙飛行士がサバイバルする話。
普通に考えたらめちゃくちゃ絶望的でシリアスな救出劇なのに、主人公が底抜けに明るくて、全体的にコミカルに描かれている。とても良い雰囲気の作品。
Starmanの使い所も良い◎
きちんと一つ一つ考えて実行していけば何でもどうとでもなる、という教訓も大変素晴らしい。
現代人を勇気付けて元気にしてくれる良作だと思った。
♪David Bowie - Starman

採点

★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。