【映画レビュー】ソーシャル・ネットワーク(2010年・120分)★5

Date
2019/10/08
Update
2022/5/4 23:02
Tag
アート
映画★5

作品情報

タイトル:ソーシャル・ネットワーク
公開年:2010年
上映時間:120分
監督:デヴィッド・フィンチャー
あらすじ:
Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグの葛藤を描く、『セブン』 のデヴィッド・フィンチャー監督作。ハーバード大学に通うマークは女の子に振られたことが発端でSNSを作る。それが巨大サイトへ成長し……。 (Filmarksより)

感想・評価

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグがオタク大学生から億万長者になるまでの話。
ちょっとイメージと違った。
もっとこう、「群集心理をハックする」みたいな頭脳戦がたっぷり描かれるのかと思いきや、ドロドロしたカネの妬み嫉みばかりが描かれていて、あ、焦点あてるのそこなんだ〜…と勝手に残念な思いをした。

採点

★5:可もなく不可もなし

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。