【映画レビュー】ヴィレッジ(2004年・108分)★7

Date
2019/03/28
Update
2022/5/4 9:29
Tag
アート
映画★7

作品情報

タイトル:ヴィレッジ
公開年:2004年
上映時間:108分
監督:M・ナイト・シャマラン
あらすじ:
1897年、米ペンシルバニアの小さな村。村の周囲を取り囲む森には恐ろしい存在がいるため、村人が森に入ることはタブーとされていた。だが、村で皮を剥いだ動物の死骸が発見され、誰かがタブーを破ったのではないかという疑惑が持ち上がる。 (映画.comより)

感想・評価

異形のものが棲む森に囲まれた平和な村で暮らす村人たちの話。
これ以上の事前インプットは厳禁!
モンスターやらファンタジーに興味がない人にもオススメできる、
誰が観ても楽しめる非常に良くできた映画だった。

採点

★7:好き。場が映画の話なら話題にする

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。