【映画レビュー】太陽がいっぱい(1960年・122分)★10

Date
2019/02/10
Update
2022/8/12 5:47
Tag
アート
映画★10

作品情報

タイトル:太陽がいっぱい
公開年:1960年
上映時間:122分
監督:ルネ・クレマン
あらすじ:
パトリシア・ハイスミスの小説を原作とした、アラン・ドロンの出世作。 イタリアに金持ちの息子フィリップを連れ戻すためにやってきた貧乏な青年トムは、フィリップを自殺に見せかけて殺し、財産を奪い取る完全犯罪を思いつく。 (Filmarksより)

感想・評価

身分の低い男が、嘘と犯罪で成り上がっていく話。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のような痛快な出世ストーリーではなく、
罪の意識、背徳感、後ろめたさ、主人公のぬぐいきれない負の感情を背負うようにして、
重くるしい雰囲気が、映画全体にただよっている。
その反面、
主人公アラン・ドロンの端麗な容姿、色とりどりのイタリア、見目麗しいものがあざやかに描かれており、
眩しいのに暗い、綺麗なのに陰鬱、独特で絶妙な色彩をはなっている作品。
サスペンスとしての完成度も、秀逸。何度も観てる。
 
本編とはまったく関係ないが、マスフォーが社会人になりたての頃。
映画好きなベテランのおじいちゃん社員と、この作品の話でもりあがった。
彼いわく、この映画は「ホモセクシュアル映画である」とのことであった。
たしかに、主人公のアラン・ドロンは、劇中に登場するどんな女性よりも美しくセクシーに描かれている。
この映画と、おじいちゃん社員との会話が、僕の映画の見方を少しだけひろげてくれた。

採点

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。

視聴リンク

採点基準

★10:別格の思い入れ。殿堂入り。
★9:度々話題にし続けちゃうかも
★8:これを切り口に映画の話を振れる
★7:好き。場が映画の話なら話題にする
★6:人に話振られたら「良いよね」と言える(印象深かった何かがある)
★5:可もなく不可もなし
★4:微妙だし記憶に残らなそう
★3:つまらない上に不満
★2:途中で諦めるレベル
★1:嫌い。生理的に受け付けない。